新型コロナウイルス感染症情報

2021/1/14

1 管轄州の感染状況

   
● 当館管轄州における新型コロナウイルスの関連情報については、各州保健省のホームページをご確認ください。
  ハンブルク州保健省
  シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州保健省
  ニーダーザクセン州保健省 
  ブレーメン州保健省

● ドイツ各州の感染者数、国外のリスク地域の指定等については、以下のロベルト・コッホ研究所(RKI)ホームページをご確認ください。
  ドイツ各州の感染状況
  ダッシュボードBundesländer
  ダッシュボード(Landcreise
  ドイツ国外のリスク地域の指定

● 感染状況については、ドイツメディアの情報も参考にしてください。
  北ドイツ放送(NDR(ハンブルク州、シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州、ニーダーザクセン州 )
  Buten un Binnen (ブレーメン州)
 

2 皆さまにお気をつけいただきたいこと

 

<感染予防>

   定期的な手洗い・うがいを励行し,咳エチケットの徹底し,なるべく人混みを避けるなど,基本的な感染予防対策に努めてください。
   特に外出先から戻ったときなどには,石けんを使った手洗いを励行するとともに,必要に応じエタノール系消毒液なども併用してください。
   不特定多数の人が集まる場所,特に閉鎖的な空間では感染リスクが高まることが確認されていますので,不要不急のイベントへの出席を再検討するなど,感染予防に十分ご留意ください。

● ドイツ国内においてもマスク(注)の着用が要請されています(各連邦州により異なりますが,概ね小売店や近郊公共交通機関等では着用義務化)。
 また,近郊公共交通機関のみならず,以下のとおり,航空機や長距離鉄道などの利用にあたってもマスクの着用が要請されていますので,ご留意ください。

(注)マスク(Mund-Nasen-Bedeckung):口と鼻を覆うものであり,いわゆる「コミュニティ・マスク」,簡単な医療マスクのみならず,自身で縫ったものや,布・ショール等でも可能。
 厚生労働省は,マスクには以下のような効果が考えられるとしています。
○せきやくしゃみなどの飛散を防ぐ効果があることや,手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから、感染拡大を防止する効果。
○マスクの着用により,喉・鼻などの呼吸器を湿潤させることで風邪等に罹患しにくくなる効果。
【参考】ドイツ連邦保健省(マスクの効果等に関する一般的な説明)
 https://www.zusammengegencorona.de/informieren/masken-mund-nasen-schutz-kann-bei-der-eindaemmung-der-epidemie-hilfreich/
 

<感染が疑われる場合>

   外出を控え「かかりつけ医」,救急相談「116117」又は州保健省のホットラインに電話して,その指示に従ってください。
   他人との接触を避け,なるべく自宅に待機してください。

   当館管轄州の各州保健省のホットラインは次のとおりです。
 【ハンブルク州】
 救急相談:116 117(毎日24時間)
 ホットライン(一般情報)040 428 284 000 (毎日24時間

 【ニーダーザクセン州】
 救急相談:116 117(毎日24時間)
 各地区ホットラインについては次のホームページ(ドイツ語)をご確認ください。

 https://www.niedersachsen.de/Coronavirus/was_tun_bei_verdacht/das-sollten-sie-tun-bei-verdacht-auf-eine-corona-infektion-185669.html
 【シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州】
 救急相談:116 117(毎日24時間)
 ホットライン(一般情報)0431 797 000 01 (平日8時から18時まで)
 【ブレーメン州】
 救急相談:116 117(毎日24時間)
 ホットライン(一般情報):0421 115(毎日7時から18時まで)
   連邦保健省ホットライン
 030 346 465 100(月~木8時から18時まで,金8時から12時まで)
 

<在外公館への連絡>

   感染が疑われ検査を行った場合又は検査により感染したことが判明した場合には,最寄りの在外公館(大使館又は総領事館)まで速やかにご連絡ください。
   ハンブルク州,ニーダーザクセン州,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州,ブレーメン州に在留される邦人の皆さまについては,当館にご連絡ください。

 【在ハンブルク日本国総領事館】
 電話:040-3330-170
 メール:hh-konsulat@bo.mofa.go.jp
    閉館時は緊急電話対応業者に電話がつながりますので,同業者に検査受診や検査結果等をお伝えください。
 
<当館からの領事メール>
 当館では,領事メールを通じて「新型コロナウイルス感染症の関連情報」や「安全情報」等を管轄州に在留される方や旅行者にお送りしております。領事メールは,在留届又は「たびレジ」に登録されたメールアドレス宛に送信されますので,ドイツに3か月以上滞在している方は,必ず在留届を提出してください。また,3か月未満の旅行や出張などの際には「たびレジ」の登録をお願いいたします。
 

3 ドイツの防疫対策(出入国関係(入国制限措置等)、検疫措置、国内措置(行動制限等)、予防接種等)

 
 在ドイツ日本国大使館の「新型コロナウイルスに関する最新情報」をご覧ください。
 
 

4 管轄州の防疫措置


 連邦政府と各州政府の間で合意した社会生活上の更なる接触制限措置,ドイツ連邦内務省のドイツへの入国者に対する14日間の隔離措置の実施に向けたモデル規程,同接触制限措置の緩和に係る合意等に基づき,当館管轄州の各州政府は新型コロナウイルスの防疫対策に係る州令をホームページ上で発表しています。
 今後,さらなる防疫対策がとられる可能性もありますので,連邦政府及び各州政府の発表にご留意ください。
【ハンブルク州(ドイツ語)】

https://www.hamburg.de/allgemeinverfuegungen/

【ニーダーザクセン州(ドイツ語)】
https://www.niedersachsen.de/Coronavirus/vorschriften-der-landesregierung-185856.html
【シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州(ドイツ語)】
https://www.schleswig-holstein.de/DE/Schwerpunkte/Coronavirus/_documents/teaser_erlasse.html
https://www.schleswig-holstein.de/DE/Schwerpunkte/Coronavirus/Erlasse/200409_Verordnung_Reiserueckkehrer.htm

【ブレーメン州(ドイツ語)】
https://www.senatspressestelle.bremen.de/detail.php?gsid=bremen146.c.333700.de&asl=bremen02.c.732.de
https://www.gesetzblatt.bremen.de/fastmedia/832/2020_04_17_GBl_Nr_0026_signed.pdf

 

5 新型コロナウイルス最新情報(ドイツ)

 
 新型コロナウイルスの最新情報(ドイツの防疫対策,日本の防疫対策,航空便運行状況の確認及び留意事項等)については,在ドイツ日本国大使館ホームページをご確認ください。
 
 

6 参考ホームページ等

 

■外務省海外安全ホームページ(ドイツ)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_165.html#ad-image-0
■ドイツ連邦保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
https://www.bundesgesundheitsministerium.de/coronavirus.html
■ロベルト・コッホ研究所(新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.rki.de/SharedDocs/FAQ/NCOV2019/FAQ_Liste.html
https://twitter.com/rki_de
■文部科学省 (世界各国に留学中の日本人学生の皆さんへ)
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/1405561_00001.htm
■在留届(3か月以上滞在される方)/ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html